まるつけ日記@塾なし高校受験

丸付けを通して、中3、小5の家庭学習を試行錯誤するブログ

全国高校入試問題正解と分野別過去問の違い

f:id:marutsuke:20220902161945j:image

丸つけ係のまるこです。

 

知らなかったの、わたしだけかも?

 

公立高校上位高を目指す子に必須?と言われている「全国高校入試問題正解」と「分野別過去問」

それぞれ内容の違いは知っていましたが、掲載されている問題の出題された年も違うんですね。

 

この前、数学の「分野別過去問」を買おうと思って本屋さんに行きました。

買おうと思った理由は、新しい分野「四分位範囲と箱ひげ図」の入試問題が欲しかったから。

 

そしたら、2023年受験用の分野別過去問って、2020年春〜2021年春の入試問題(2年分)だったんですよ。(確か2年分でした💦思い違いならすみません💦)

教科書改訂の関係で2022年春の過去問じゃないと困る❗️

 

普通の方は2022年春の入試問題だったので、こちらを購入しました。

2023年受験用 全国高校入試問題正解(数学)

 

「四分位範囲と箱ひげ図」の分野は、22道県で出題されたらしいです。(インターネット調べ)

ということで、過去問22問が手に入りました^ ^

 

まだ出題されていない都府県は、今年は出る確率が高くなると模試の説明会で話がありました。

 

対策しなければー

 

この分野は簡単らしいので落とすわけにいかないなぁ。

むすこに頑張ってもらわないと💦

 

英語も教科書改訂後の問題が欲しいので、普通の方を買う予定です。